土地売却で良い不動産屋さんに出会えたこと。

新しい土地を購入する前に住んでいた土地は、更地にして売却しました。正確には売却を委託(仲介)して不動産屋さんに売ってもらうようにしました。お願いする不動産屋さんは以前お世話になっていたところです。(祖父の相続の時にお世話になりました)一応他の不動産屋さんもチェックはしてみました。店頭にある物件情報を見て内容をきちんと記載しているか、買い手に対して誠実かなど色々チェックさせてもらいました。やはり土地の情報が適当に記載されているような不動産屋さんにはお願いしたくありませんでしたし、もし自分が買う側になったとしてもきちんと信頼出来る情報を提示してくれる業者の方が頼みやすいです。

今回お願いした不動産屋さんは店頭の物件情報一件に対して複数の写真を掲載していたり、近隣の施設、近隣の保育園の場所(5件以上載っていました)、道路の幅、隣家の形状(雪が落ちないか、庭木がはみ出ていないかなど)、ゴミの集積所、本当に細かく載っていて、社長さんが細かく調べて書いているんだなと感心しました(この不動産屋さんは社長さん一人でやっています。)ただ売るだけではなくて、その土地に住む人のことまだ考えてくれているかのような不動産屋さんでした。

不動産情報誌への掲載のタイミングや、お客さんに土地を案内したことなども教えて頂きましたし(まあ、そこまではしなくても良いとは思いましたが・・・)本当に細かいところまで気配りしてくれる業者さんでした。どういう土地を扱っているかを見るよりもその不動産屋さん(営業さん)がどんな人なのかを見極めるのが大事だと思います。

<PREV NEXT >
Copyright(C)2013 身近な土地事情 All Rights Reserved.