土地価格の変動について思ったこと。

今回購入した土地は坪単価15万円、このエリアでは平均的な価格とのことでしたが、近くのエリアでは数年前まで25万円ぐらいしていた時期があったそうです。しかしその土地を大量に所有していた大手の不動産屋が一斉に値下げをしたため周りの土地の価格も一斉に下落し売りの時期を逃した人も多くいたそうです。

私の叔父の家がこの下落したエリアにあり、10年前の半値で泣く泣く売却しました。本当は1/3だけ売却して新築の予算に当てようとしていたようなんですが、結局半分以上売ることになり、夢だった庭もほんの少しの広さしか確保できなかったそうです。売るタイミングを逃すと損をするし、値段を据え置けば売れないし・・・土地の値段ってほんとうに難しいと思います。

その点今回の土地は平均的な価格の割に、整備もしっかりしているし、道路も広くとっているし、緑も多いし、買い物も便利だし、価格以上の価値がある土地だと思います。土地の場所だけに目をやるのではなく、周りの環境なども踏まえて価格に見合っているか判断することも大事なことだと思います。

もし将来的に売却することがあればそういった魅力を伝えて、買い手に欲しいと思わせる工夫をしたいなと思います。そうすれば周りの相場よりも高く買ってくれることもあるかもしれません。

<PREV NEXT >
Copyright(C)2013 身近な土地事情 All Rights Reserved.